おらのハーベスト

お金の節約と運用を試したメモ

楽天カードを作って使ってみた

楽天のクレジットカードを作って、使ってみました。

作ったきっかけは、入会&利用だけで計7,000ポイントもらえるキャンペーンをやっていたこと。タダで7,000円相当のポイントがもらえるなら、これはやらない手はないな、と。

f:id:Yangu:20170528221704j:plain

私がカードを作ったのは2016年12月で、この時は、入会すると2,000ポイント、カードを利用するとさらに追加で5,000ポイントがもらえました(※キャンペーン開催時期によって異なるようです。2017年6月11日現在は入会2,000、利用3,000ポイント)。

f:id:Yangu:20170528222151p:plain

それで、作って、使ってみた感想を。

メリット

年会費がずっと無料

当然です(傲慢)。年会費がかかるクレジットカードは作りません。初年度のみ無料というカードがありますが、楽天カードは永年無料です。

ポイントがたまりやすい

通常のポイント還元率は1%なので悪くない…普通です(100円で1ポイント、1ポイント=1円)。楽天市場での買い物を楽天カードで支払った場合は、還元率は4%になります。また、楽天カードの管理サイト「楽天e-NAVI」上では、常になんらかのポイントキャンペーンを実施していて、参加できるものだけ参加していても少しずつポイントがたまっていきます。なお、正式名称は「楽天スーパーポイント」らしいです。

Edyが付けられる

楽天カードの申込時にEdyを付帯させることができます。首都圏では電子マネーと言えばSuicaらしいですが、ロクに電車も走ってない地方では、比較的利用の多い電子マネーEdyになります(たぶん)。また、楽天ポイントEdyに充当することもできます(1ポイント→1円)。なお、楽天カードの付帯Edyには、おまけとして最初から500円がチャージされています。

デメリット

ダサい

カードが微妙…。

お知らせメールが多すぎ

なんか毎日7通くらいはメールが来てます、楽天カードから…。楽天のサービスやキャッシングの紹介とか…。配信停止にすればいいんでしょうけど。

注意:もらえるのは限定ポイント

ところで私は当初キャンペーンのポイントをもらったら、Edyにチャージしようと思っていました。Edyにすればコンビニ等で現金の代わりに使えるなあ、と。

でも、これはダメでした。利用キャンペーンでもらえる「期間限定ポイント」は用途も限定されていて、Edyチャージには使えませんでしたorz

しょうがないので、限定ポイントは楽天市場の買い物で使いました。

 

楽天カード(公式サイト)