読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おらのハーベスト

お金の節約と運用を試したメモ

IPOを始めてみた…が

サバイブの記事に触発されて、今年(2017年)の1月から、IPOなるものに挑戦しています。

取り急ぎ、12の証券会社に口座を開き、21の銘柄について、計35回ほど申し込んでみたものの、当たらず…。まあ、そう簡単にはいかないですね。

申込数が100株とかケチくさいのがいけないのかな…(だってお金ないもの)。

www.survive-m.com

THEOを使ってみた

THEO、「テオ」と読みます。プログラムが自動的にお金を運用してくれるサービスです。10万円、預けてみました。

結果

2016年10月~12月

f:id:Yangu:20170219193611p:plain

3ヶ月も経たないうちに、14%近い利益が!THEOすごい!(このあと、驚きのあまり、1万円ほど出金しました)

為替レート?

 …その後、気づいたのですが、THEOの投資先は主に海外ETFらしく、つまりこの増加分は為替レートの変動によるものでは…?

f:id:Yangu:20170219193916p:plain

外国為替チャート:三菱東京UFJ銀行

THEOに入金した2016/10/3のレートは1米ドル=101円、2016/12/21には117円まで上昇。15%以上の上昇ですね…。

THEOの時価評価額の画面では、JPYとUSDを切り替えることができます。上の画像で、薄いグレーで表示されている線がUSDで評価した場合のグラフで、0%をわずかに下回ってますね。

THEOについて

ロボアドバイザーと呼ばれる、自動化されたファンドラップ(投資信託のサービス)です。自分で投資先を選んだり売買したりする必要がなく、口座開設時にいくつかの質問に答えるだけで、後は勝手に運用してくれます。

手数料は預けた資産の1%(年利)のみ。

theo.blue

LINE Pay カードの残念なところ

ポイント還元率も良く、カードデザインも良い。概ね使い勝手が良いカード…ですが、要望もあります。

非接触でない

コンビニで支払うときに、LINE Payカードを店員に渡してレジに通してもらえば、小銭を探したりお釣りをもらったりするより、ずっと早く済みます。

けど、Edyなんかの非接触カードなら、店員に渡す必要すらなくなって更に便利。LINE Payカードも非接触だったらなあ、と思います。

マネーフォワードに対応していない

LINE Payカード側が対応していないのか、マネーフォワード側が対応していないのか知りませんが、便利サービスであるマネーフォワードに関連付けできないのは残念です。LINE Pay単体では、どこのお店で使ったかの履歴まで残っているので、ぜひ対応していただきたいです。

LINE Payにクレジットカードを登録する意味

LINE Payにはいろんな機能がありますが、中には「これ、何に利用するんだろう…?」というものも。

例えば、LINE Payには他のクレジットカードを登録することができます。

登録した他のクレジットカードからLINE Payにチャージできたらいいのですが、それはできないようです(残念)。

じゃあ何に使うのか?というと、「加盟店での支払い時に、クレジットカード番号を入力する必要がない」らしいです。最初、意味が分からなかったのですが、こういうことのようです。

LINE PayカードにはJCBブランドが付いているため、全国およびネットの「JCB加盟店」ですぐに利用ができる。それとは別に、「LINE Pay加盟店」のネットショップがいくつかあり、後者での決済時に、お店ごとに毎回クレジットカード番号を入力する手間が省ける…(うーん)。

実際にやってみたわけではないので、想像です。というのも、「LINE Pay加盟店」はいまのところ限られていて、ZOZOTOWN、HMV ONLINEなど、私が普段使わないお店しか対応していないからです。

参考:

LINE Pay 加盟店(ページ下) 

LINE Pay - ジャパンネット銀行の扱い

 

LINE Payにはいくつかのチャージ方法がありますが、私は主に銀行口座からチャージする方法を使っています。対応している銀行は限られていて、いまのところネット銀行などは使えません(残念)。

ただ、チャージ方法には「銀行口座」の他に「チャージ専用口座」という方法もあり、こちらは逆にジャパンネット銀行専用の方法になっています。

f:id:Yangu:20170218115453j:plain

 

  • 銀行口座
    → LINEアプリから操作して、チャージする(登録した銀行口座から即時に引き落とされる)。
  • チャージ専用口座
    ジャパンネット銀行の指定された口座へ、自分で振込を行う(振込元銀行はどこでもよい)。

 

 チャージ専用口座も1回使ってみましたけど、銀行口座の方が楽でよかったです。

 

参考:

Help Center | LINE チャージ用として登録可能な銀行を教えてください

現在、チャージ用として登録可能な銀行は、以下のとおりです(対象の銀行は今後拡大予定)。

- みずほ銀行
- 三井住友銀行
- 三菱東京UFJ銀行
- りそな銀行
- 埼玉りそな銀行
- 横浜銀行
- 伊予銀行
- 滋賀銀行
- 百五銀行
- 福岡銀行
- 親和銀行
- 秋田銀行
- 十六銀行
- 熊本銀行
- 千葉銀行
- 北洋銀行
- 八十二銀行
- 鳥取銀行
- ゆうちょ銀行

 

LINE Payカードを使ってみた

話題になっていたので、LINE Payカードを利用してみました。
LINEのメニューのその他>LINE Payからカードの申し込みができます。
1週間くらいでカードが届きました。

f:id:Yangu:20170212002429j:plain

クレジットカードと同じように使える

LINE Payカードはクレジットカードではなく、事前にチャージして使うカードですが、店舗やネットショップで使うときは普通のクレジットカード(JCB)として使えます。

ポイント還元率2%

これが最大のメリットかと思います。100円ごとに2ポイント。
クレジットカードは還元率0.5~1%のものが多いようなので、2%は大きいですね。

使えないサービスもある

なぜか使えないサービスもあります。私が試してみたお店では以下のようになりました。

使えた

 ○ amazon
 ○ セブンイレブン
 ○ 病院

使えなかった

 × ガソリンスタンド(セルフ給油機)
 × dマガジン(月額だから?)

 

line.me

NifMoを使ってみた

節約のため、格安SIMに移行してみました(以前はドコモのスマホを利用)。
業者はNifMoで、プランは音声+データ3GBを選択。

安い

しばらく使ってみての月額料金(税込)の比較ですが、私の場合、ドコモが7,080円(9ヶ月平均)、NifMoが1,885円(12ヶ月平均)でした。
ひと月あたり約5,200円、1年で約62,000円の得です(う~ん、でかい。)

f:id:Yangu:20170205233232j:plain

NifMoの上記プランは1,600円(税抜)なので最安で1,730円(税込)程度となりますが、音声通話が20円/30秒と高いため、通話の多かった月は2,464円でした。

遅い

使用感ですが、やはり通信速度が遅いな、という印象です。
ひどいのは、お昼休みの時間帯(12:00~13:00)で、サラリーマンが一斉にスマホをいじるせいか、回線が切れたのかと思うくらい遅くなります。これはNifMoに限らず、格安SIMでは似たような傾向があるようです。

MNPできない場合あり

それで、通信速度が少しでも速くならないものかと、NifMoからLINEモバイルへの乗り換えを検討したのですが、ダメでした。
NifMoからLINEモバイルへのMNPナンバーポータビリティー)転出・転入はできないのです(2016年12月時点)。
理由はよく分かりません。ドコモ系MVNO同士?のMNPには、こうした制約があるようです。

NifMoを解約し、現在利用中の電話番号を他社で引き継いで使いたい。(MNP転出)どうしたらいいですか。| 会員サポート > Q&A(よくあるご質問):@nifty

NifMoから「OCNモバイルONE、ぷららバイLTE、Master'sONE、ぷららバイル、GTN MOBILE、Sun-Netモバイル、MORAモバイル、ANSIM(アンシム)、MUSASHI MOBILE、LINEモバイル(2016年9月8日追加)」へのMNPによる転出および、上記事業者からNifMoへの転入は行えません。
※ 対象の事業者は2016年9月8日時点の情報です。事業者は事前予告なく追加される場合があります。