おらのハーベスト

お金の節約と運用を試したメモ

ワイモバイルにしてみた

以前の記事格安SIMの素晴らしいところを紹介したのですが、その後、解約してワイモバイルへ移行しました。

理由は3つ。

1つは、格安SIMが昼休みの時間帯にとてもとてもつながりにくい状態になるということ。かなりストレスになりました。

2つ目、本当はLINEモバイルへ移行したかったのですが、NifMoからLINEモバイルへのMNPができませんでした。なのでLINEモバイルは諦め。

最後のダメ押しは、iPhone5sが本体価格100円だったからです。やや古い機種とは言え、iPhoneが100円とは…。つい、飛びついてしまいました(カモ)。

以下、ワイモバイルを使用しての感想です(主に格安SIMとの比較)。

メリット

通信速度が安定している

少なくとも格安SIMのように昼休みに遅くなる、というようなありません。高速というほどでもありませんが、特に不満のないレベルです。

10分以内の通話は無料

格安SIMの音声プランは、結構通話料が高かったりします。ワイモバイルは10分以内の通話は無料なので、ちょっとした電話連絡の際に通話料を気にしなくてよくなりました。

iPhoneが安い

iPhone5s、いいですね。ちょっと古い機種ですが、不満なく動作してくれます。最近はiPhoneSEが選べるようでうらやま。

デメリット

料金がやや高い

3GBプランで3,980円(2年目以降)。一度、格安SIMの安さを体験してしまうと、ちょっと高いなあ…と思ってしまいます。3大キャリア(docomoausoftbank)よりは安いのですが。このあたり、サービス品質と料金のトレードオフですね。

2年縛り

まあ…しょうがない…かな。

注意点いろいろ

料金1,000円割引は1年間のみ

スマホプランS(1GB)にて、ワンキュッパ(1,980円)、と宣伝してますが、1,000円割り引かれるのは最初の1年間のみで、2年目以降は普通に2,980円です。他のプランも同様。

データ量2倍は2年間のみ

同じく、1GB→2GB(スマホプランS)、3GB→6GB(スマホプランM)などのデータ量倍増オプションは、2年間のみ無料となります。

データ量2倍はデータ量追加オプション

3GBがキャンペーンで6GBとなるスマホプランMで契約したのですが、使ってみると使用量が3GBに到達した時点で、普通に速度制限モードになりました。速度制限モードでは500円/0.5GBのデータ追加(おかわり)を申請すると通常モードに戻りますが、この追加分が6回(0.5GB×6=3GB)まで無料、という形でデータ量2倍キャンペーンは提供されていました。初期状態では、手動で追加申請しないといけませんでした。設定画面(MyY!mobile)から、自分で設定を変更して、6回までは自動追加、という設定にすれば、普通に6GBまで使えます。

 

ワイモバイルオンラインストア(公式)

 

楽天カードを作って使ってみた

楽天のクレジットカードを作って、使ってみました。

作ったきっかけは、入会&利用だけで計7,000ポイントもらえるキャンペーンをやっていたこと。タダで7,000円相当のポイントがもらえるなら、これはやらない手はないな、と。

f:id:Yangu:20170528221704j:plain

私がカードを作ったのは2016年12月で、この時は、入会すると2,000ポイント、カードを利用するとさらに追加で5,000ポイントがもらえました(※キャンペーン開催時期によって異なるようです。2017年6月11日現在は入会2,000、利用3,000ポイント)。

f:id:Yangu:20170528222151p:plain

それで、作って、使ってみた感想を。

メリット

年会費がずっと無料

当然です(傲慢)。年会費がかかるクレジットカードは作りません。初年度のみ無料というカードがありますが、楽天カードは永年無料です。

ポイントがたまりやすい

通常のポイント還元率は1%なので悪くない…普通です(100円で1ポイント、1ポイント=1円)。楽天市場での買い物を楽天カードで支払った場合は、還元率は4%になります。また、楽天カードの管理サイト「楽天e-NAVI」上では、常になんらかのポイントキャンペーンを実施していて、参加できるものだけ参加していても少しずつポイントがたまっていきます。なお、正式名称は「楽天スーパーポイント」らしいです。

Edyが付けられる

楽天カードの申込時にEdyを付帯させることができます。首都圏では電子マネーと言えばSuicaらしいですが、ロクに電車も走ってない地方では、比較的利用の多い電子マネーEdyになります(たぶん)。また、楽天ポイントEdyに充当することもできます(1ポイント→1円)。なお、楽天カードの付帯Edyには、おまけとして最初から500円がチャージされています。

デメリット

ダサい

カードが微妙…。

お知らせメールが多すぎ

なんか毎日7通くらいはメールが来てます、楽天カードから…。楽天のサービスやキャッシングの紹介とか…。配信停止にすればいいんでしょうけど。

注意:もらえるのは限定ポイント

ところで私は当初キャンペーンのポイントをもらったら、Edyにチャージしようと思っていました。Edyにすればコンビニ等で現金の代わりに使えるなあ、と。

でも、これはダメでした。利用キャンペーンでもらえる「期間限定ポイント」は用途も限定されていて、Edyチャージには使えませんでしたorz

しょうがないので、限定ポイントは楽天市場の買い物で使いました。

 

楽天カード(公式サイト)

 

立会外分売、初当選

当たらない、と書いた側から当たりました。初。

北川精機<6327>です。5/22の終値555円から2.3%割引の542円、200株を108,400円で注文。うち、100株だけ約定しました。

が…、仕事が忙しくてスマホで売却注文をし損ねてしまいました。

と言っても、始値546円のため、寄付で売却しても利益は+4円×100株=+400円…。

もう少し値上がりするのを待って売却するか(;´ρ`)

(追記: 5/24現在、評価益+2,000円まで上昇!)

 

今回、当選したのは、ライブスター証券ライブスター証券ではLINEアカウントを友だち追加しておくと、立会外分売の予定などを知らせてくれるので便利です。こんな感じ↓

f:id:Yangu:20170524233626p:plain

 

ライブスター証券 (公式サイト)

 

IPOがダメなら立会外分売をやればいいじゃない

IPO。抽選に当たれば高確率で利益が出そうなのに、そもそも抽選に当たらないという残念っぷり。

そこで今度は立会外分売(たちあいがいぶんばい)なるものに挑戦してみました。新規公開株ではないんですが、微妙に安く買える株です(3%前後)。IPOほど人気でもなさそうだし、これならいけるんではないかと。

が・・・

駄目っ・・・!

立会外分売も抽選なので、抽選に当たらなければ話になりません。そして、こちらも当たらない(つД`)

6~7回、申し込んでみましたが、はずれ。

そうそう簡単には儲けさせてくれませんね…(当たり前)。

matsunosuke.jp

IPOを始めてみた…が

サバイブの記事に触発されて、今年(2017年)の1月から、IPOなるものに挑戦しています。

取り急ぎ、12の証券会社に口座を開き、21の銘柄について、計35回ほど申し込んでみたものの、当たらず…。まあ、そう簡単にはいかないですね。

申込数が100株とかケチくさいのがいけないのかな…(だってお金ないもの)。

www.survive-m.com

THEOを使ってみた

THEO、「テオ」と読みます。プログラムが自動的にお金を運用してくれるサービスです。10万円、預けてみました。

結果

2016年10月~12月

f:id:Yangu:20170219193611p:plain

3ヶ月も経たないうちに、14%近い利益が!THEOすごい!(このあと、驚きのあまり、1万円ほど出金しました)

為替レート?

 …その後、気づいたのですが、THEOの投資先は主に海外ETFらしく、つまりこの増加分は為替レートの変動によるものでは…?

f:id:Yangu:20170219193916p:plain

外国為替チャート:三菱東京UFJ銀行

THEOに入金した2016/10/3のレートは1米ドル=101円、2016/12/21には117円まで上昇。15%以上の上昇ですね…。

THEOの時価評価額の画面では、JPYとUSDを切り替えることができます。上の画像で、薄いグレーで表示されている線がUSDで評価した場合のグラフで、0%をわずかに下回ってますね。

THEOについて

ロボアドバイザーと呼ばれる、自動化されたファンドラップ(投資信託のサービス)です。自分で投資先を選んだり売買したりする必要がなく、口座開設時にいくつかの質問に答えるだけで、後は勝手に運用してくれます。

手数料は預けた資産の1%(年利)のみ。

theo.blue

LINE Pay カードの残念なところ

ポイント還元率も良く、カードデザインも良い。概ね使い勝手が良いカード…ですが、要望もあります。

非接触でない

コンビニで支払うときに、LINE Payカードを店員に渡してレジに通してもらえば、小銭を探したりお釣りをもらったりするより、ずっと早く済みます。

けど、Edyなんかの非接触カードなら、店員に渡す必要すらなくなって更に便利。LINE Payカードも非接触だったらなあ、と思います。

マネーフォワードに対応していない

LINE Payカード側が対応していないのか、マネーフォワード側が対応していないのか知りませんが、便利サービスであるマネーフォワードに関連付けできないのは残念です。LINE Pay単体では、どこのお店で使ったかの履歴まで残っているので、ぜひ対応していただきたいです。